厚生労働省が2017年9月に公表した「平成28年国民健康・栄養調査の結果」によると、男性の喫煙率が最も高いのは群馬県(37.3%)、続いて 福井県(36.6%)、北海道(35.9%) の順となっている。特に東日本エリアでは、依然として喫煙率の高い傾向がみられた。

一方で喫煙率が低い県は、滋賀県(20.6%)、奈良県(22%)、大分県(25.3%)などであった。各都道府県の喫煙率は、以下のとおりである。
* 熊本県は、調査を実施していない* 喫煙率(%)/   男性(20歳以上)

 

* 参考資料:厚生労働省「平成28年国民健康・栄養調査結果」2017年 9月21日公表


世界の喫煙率(2015年)
* 参考元:世界保健機関(WHO)Prevalence of tobacco smoking