厚生労働省が発表した資料の数値データから3年おきの男性の平均寿命と健康寿命の推移をみると、いずれも緩やかな上昇傾向となっている。

男性の平均寿命と健康寿命(2001年〜2016年)数値データ表
平均寿命 健康寿命
2016年 80.98 歳 72.14 歳
8.84 歳
2013年 80.21 歳 71.19 歳 9.02 歳
2010年 79.55 歳 70.42 9.13
2007年 79.19 70.33 8.86
2004年 78.64 69.47 9.17
2001年 78.07 69.4 8.67

また、平均寿命と健康寿命の差の推移をみると、2010年から2013年、2016年と差が狭まってきてはいるものの、2001年からの長い期間でみると、8.6〜9.2の間で数値が上下に推移しているのがわかる。(下図参照)

参考資料:厚生労働省「簡易生命表の概況」「完全生命表」「健康日本21(第二次)推進専門委員会 資料1-1